nissin_323のコピー.jpg
 

現在、販売を中止しております。
ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。

男性ホルモン主薬の内服液剤(アンプル)

10ml中、15mgとホルモンの配合量が多い

(一般用医薬品の中では最も多い配合量です。)

男性ホルモンのメチルテストステロンが、アルコールの助けにより体内吸収を促進し、男性機能を改善。即効性を高めます。

アルコール濃度が高く、約25度

nissin_261_henkei.png

強力バロネスとは

​こんな方におすすめ

男性ホルモンの指令によって勃起中枢を直接刺激し、生殖器血管を拡張することで局部海綿体の充血を促します。勃起力の衰えが気になりはじめた方、勃起力をもっと高めたい方、射精力の乏しい方へオススメです。

【効能・効果】

男性ホルモン分泌不足、分泌障害による諸症(更年期及び更年期以後に於ける次の諸症。勃起力減退・性感減退・性欲欠乏・神経衰弱性蔭萎・衰弱性射精・老衰性蔭萎。)

​強力バロネス Q&A

アルコールが沢山入っているようですが、なぜですか?


主成分の男性ホルモンはアルコールでしか溶けず、また配合量が多いためアルコール量が少ないと結晶ができるからです。




アンプル容器に入っていますが、瓶に変えることはしないのですか?


承認条件がアンプルでの製造となっているため瓶への変更ができなくなっています。




長期連用はしないでくださいと書かれていますが、長期連用とは何日くらいですか?


連続服用の場合、一般的に2週間~1ヶ月くらいとされます。強力バロネスの場合は5日程度と考えてください。しかし、服用しない日を数日設ける場合はこの限りではありません。




理想的な飲み方をおしえてください。


精力剤として服用の場合、1~2時間前に服用ください。

滋養強壮、男性の更年期(ホルモン不足からくるもの)等には5~7日に1本を目安に服用ください。




なぜ5~7日に1本なのですか?


男性ホルモンは体内で造られていますが、加齢と共に生産能力が衰えていきます。そのようなとき、長期間連続服用すると外部からの投与に頼り、生産能力の衰えはさらに加速します。従って、生産能力の衰えを手助けする意味で5~7日に1本が理想です。




スポーツをしていますが、ドーピングには問題ありませんか?


主成分がメチルテストステロン(男性ホルモン)ですので使用が禁止されます。




精力剤として服用しましたが効果を実感できませんでした。なぜですか?


青年層:年齢から考えて男性ホルモンは体内で造られていると思えます。精神面や病気等も考えられるので医師や専門家(カウンセラー)にご相談ください。

高齢者:性行為は男性ホルモンだけが支配するものではありません。精神面や病気、肉体の衰えなども関係します。体を元気にする滋養強壮薬を服用するのも一つの方法ですが、医師や専門家(カウンセラー)に一度ご相談してください。




1日1回、症状に応じて1日2回朝・夕食後に服用して下さいとありますが、3回飲んではいけませんか?


医薬品ですので定められた用法用量をお守りください。




強力バロネスを飲んではいけない人はいますか?


①アンドロゲン依存性悪性腫瘍(前立腺がん、男子乳がん)及びその疑いのある人。

②肝臓に障害のある人。

③女性。特に妊婦又は妊娠していると思われる人。

④心臓疾患、腎臓疾患のある人。

⑤前立腺肥大のある人。

は服用を控えてください。

※病気以外では車や機械の運転をされる方。





 
 
nissin_321のコピー.jpg

成分・分量

内容成分及び含有量(1アンプル 10mL中)

メチルテストステロン

15mg

ニンジンエキス(ニンジンとして470mg)

42.3mg

リボフラビン(ビタミンB2

0.5mg

カフェイン水和物

20mg

イカリソウエキス(イカリソウとして300mg)

30mg

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1

10mg

グルクロノラクトン

5mg

用法・用量

本剤は男性用です。1日1回夕食後に服用して下さい。症状に応じて1日2回朝・夕食後に服用して下さい。
<1回量 >
大人(15才以上)1アンプル(10mL)
15才未満は服用しないこと。
< 用法・用量に関連する注意 >
(1)定められた用法、用量を厳守して下さい。
(2)内服にのみ使用して下さい。

副作用情報

皮膚(発疹・発赤、かゆみ)
消化器(吐き気・嘔吐、食欲不振)

服用後、上記の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この商品を持って医師又は薬剤師に相談してください。

「強力バロネス」のお買い求めは、下記のお店で。